学会・研究会発表・活動

H30.9.29 第18回関西がんのリハビリテーション研究会

○萬福 允博:
「化学療法中の疼痛管理」

  

H30.9.12~9.16 The 17th World Congress On Pain in Boston

○Masahiro Manfuku:
「Multidimensional evaluation of factors associated with chronic pain including central sensitization in breast cancer survivors」

(和訳)

○萬福 允博:
「乳がんサバイバーの慢性疼痛に関連する因子~中枢性感作を含む多元的評価の検討~」

  

H30.7.5 PLOS ONE掲載(共著論文)

○萬福 允博:
「Derelopment and psychometric propreties of shrort from of central sensitization inrentory in participants with musculoskeletal pain : A cross sectional study」

  

H30.6.8~10 第69回日本東洋医学会学術総会

○住吉 一浩:
一般演題 悪性腫瘍2 座長


H30.5.16~18 第26回日本乳癌学会学術総会

○住吉 一浩:
「良性フォローアップ中に顕在化し、全乳房切除が必要となった乳癌症例の検討」

○萬福 允博:
「乳がん術後の化学療法誘発性神経障害性疼痛に対する
がん脅威解釈モデルに基づいた理学療法(CTIPT)の効果」

○金森 博愛:
「術後に、いつ仕事復帰できますか?」に対する回答〜仕事復帰状況のアンケート調査を基に〜

○塚本 愛:
「細胞診で推定しえた分泌癌(Secretory carcinoma) の1例」

○亀山 澄子:
「経過観察中に増加したカテゴリー3以上の石灰化に対する、ステレオガイド下マンモトーム生検症例の検討」


  

H30.2.24 第2回がん理学療法カンファレンス
~がん患者に対する理学療法の可能性~

○萬福 允博:
「乳がん術後の化学療法誘発性疼痛に対して
運動療法に加えた患者教育・身体活動量のぺーシンクが奏功した1症例」

  

H30.2.3 第17回関西がんのリハビリテーション研究会

○萬福 允博:
「がん疹痛と中枢性感作の関連」


H29.12.16 乳癌学会近畿地方会 看護セミナー

○金森 博愛:
「若年性乳がん患者の妊孕性温存について」シンポジスト


H29.12.10 平成29年度 関西医療大学校友会 鍼灸部会 第4回 合同学術研修会

○住吉 一浩:
「乳腺疾患のイロハ(診断~治療まで) ~よりよいケアを目指して~」


H29.12 共著論文

○萬福 允博:
雑誌plos one共著論文
Validation of the Japanese rersion of the Central Sensitization Inventory
in patients with musculoskeletal disorders


H29.9.30 第22回日本ペインリハビリテーション学会学術大会

○萬福 允博:
「乳がん術後の化学療法誘発性関節及び神経障害性疼痛に対し
運動療法と患者教育が奏功した1症例」症例発表


H29.9.10 大阪府鍼灸師会 平成29年度第4回(9月度)学術講習会

○住吉 一浩:
「乳がん治療について~よりよいケアを目指して」


H29.7.13~15 第25回日本乳癌学会学術総会

○住吉 一浩:
「乳癌ホルモン療法に伴う副作用に対する漢方治療(治療効果の検討および方剤の使い分け)」

○金森 博愛:
「無床乳腺クリニックにおける、進行乳がん患者への看護のあり方について」

○亀山 澄子:
「マンモグラフィ併用検診における超音波併用について(MMG精査不要、US要精査症例の検討)」

○塚本 愛:
「経過観察中に超音波検査で顕在化した乳癌症例の検討」

○細谷 有希:
「乳癌術後の自立を支えるリハビリテーションを目指して~乳腺クリニックにおける1事例の双方向的検討~」



H29.3.24 第1回南大阪乳腺看護セミナー

○金森 博愛:
「乳がん看護認定看護師」について講師



H28.6.16-18 第24回日本乳癌学会総会

○住吉 一浩:
「乳腺クリニック診療における院内細胞診の実践(有用性および穿刺・検体作成時の工夫)」

○金森 博愛:
「化学療法と仕事の両立における苦悩」

○亀山 澄子:
「マンモグラフィ診断カテゴリー1,2で、超音波にて指摘しえた乳癌症例の検討」

○塚本 愛:
「超音波診断がカテゴリー3腫瘤であった乳癌症例の臨床細胞学的検討」

○中原 礼:
「パクリタキセルによる化学療法誘発性末梢神経障害から歩行障害を来たし、理学療法で改善した乳癌術後症例」



H.28.2.21 日本東洋医学会関西支部 平成27年度 三県合同教育講演会

住吉一浩:
◎テーマ:癌と漢方治療
「乳癌治療における漢方の有用性 ~よりよいケアを目指して~」


H.27.11.7 第4回 乳腺内分泌外科地域連携講演会

住吉一浩:「新規 乳腺専門クリニックとしての役割 (一貫継続した診療を目指して)」


H27.7.2-4 第23回日本乳癌学会総会

住吉一浩:
「Key wordは“信頼”乳腺専門クリニックだからこそできる主治医を中心としたチーム医療」

金森博愛:
「新規乳腺専門クリニックにおける看護師外来の現状と課題」

亀山澄子:
「乳腺専門クリニックにおけるマンモグラフィ・超音波検査連携レポーティングシステムの使用経験と有用性」

塚本愛:
「細胞診で推定しえたリンパ節転移陽性の閉経前充実乳頭癌(Solid papillary carcinoma)」

中原礼:
「乳がん術後外来リハビリテーション患者の身体症状および自覚症状について 外来リハビリテーションの必要性」



H.27.6.20 岸和田市医師会 学術交流会

“まるごと乳腺一本勝負 (診断から治療まで)”
住吉一浩


H.26.11.22日本超音波医学会 第41回関西地方学術集会

ワークショップ“確実な病理診断のための超音波ガイド下インターベンションの工夫”
住吉一浩、亀山澄子、塚本愛:「超音波ガイド下細胞診について(穿刺のコツ、有用性~ピットフォール)」


H.26.7.12 第22回日本乳癌学会総会

住吉一浩:「乳癌ホルモン療法に伴う副作用に対する、漢方による治療効果の検討」


H.26.6.26 岸和田市マンモグラフィ検診精度管理委員会 研修会

住吉一浩:講演「乳腺疾患の診断について(細胞診、組織診(生検)との使い分け) 」


H.26.6月放送 TV岸和田出演(市民健康教室)

住吉一浩:「乳腺疾患の診断について」


H.26.5.24 近畿外科学会

住吉一浩:「乳癌ホルモン療法に伴う副作用に対する、漢方による治療効果の検討」




乳腺ケア泉州クリニック
〒596-0076 大阪府岸和田市野田町2-17-11
TEL:072-430-0811 FAX:072-430-0812
予約専用電話番号:0120-0811-35